2014/08/19

メッセージ

タジマグループは、1964年に多頭式刺繍機を開発して以来、かつて人の手によって作り出さ れ高価だった刺繍を、より身近なものへと変え、世界中の人々の生活に彩りを添えてきました。 これまで培ってきたのは、「縫い」という職人技的な技術と、「制御」という先端工学的な技術、 さらには大量生産に適した「多頭機化」の技術。これら技術を併せ持つ企業は、世界でも“TAJIMA” のみです。
時代の変化と共に大きな変革を遂げながら、タジマグループは今まで培った技術を活かし、創意工夫を重ね世界中のお客様に喜ばれる“刺繍表現の新たな価値”を追求し続けてまいります。

タジマグループ代表田 島 仁 志
タジマグループ代表田 島 仁 志

タジマグループ代表
田 島 仁 志

ホームへ先頭へ前へ戻る