2014/8/26

シークイン装置Ⅲツインタイプ〈PAT〉

1ヘッドで最大4種類のサイズ、形状、色の異なるシークインの縫いが可能!

高速回転で片側2種類のシークインを任意に切換えて刺繍することができ、 デザインの多様性と生産効率を向上させた次世代型シークイン装置です。
TFGNシリーズに加えて、新たにTLMX、TCMX、TFMXの3シリーズにも装着可能となり、 様々な刺繍に多彩なシークインパターンが表現できるようになりました。

シークイン装置IIIツインタイプ〈PAT〉
シークイン装置IIIツインタイプ〈PAT〉
シークイン装置Ⅲツインタイプ〈PAT〉
シークイン装置Ⅲツインタイプ〈PAT〉
シークインの基本的な縫い付けパターン
シークインの基本的な縫い付けパターン

(1) 1ヘッドで最大4種類のシークインを取り付け可能
サイズ、形状、色の異なる2種類のシークインを取り付けることができ、R側、L側の2箇所に装着すれば、1ヘッド最大4種類のシークインが刺繍できます。(直径3〜9mmのシークインに対応しました)

(2) シークインリール素材切れ検出装置
シークインの素材切れを事前に検出して刺繍機を停止します。素材切れによるトラブルを未然に防ぎます。

(3) 手動昇降スイッチ

シークイン装置を個別に昇降させるスイッチを装置前面に設置。装置の調整作業が容易に行えるようになりました。

(4) 最高1,000回転の高速稼動

最高1,000回転での高速稼動ができます。シークイン供給部を左右にスライドすることにより、高速回転で2種類のシークインを任意に縫い付けることが可能となりました。(シークイン切換え時は最高800回転)

(5) モータ駆動式昇降装置の採用
パルスモータとスライドスクリューの採用により、安定した昇降動作を実現。これによりエアー設備も不要となりました。さらに、昇降位置を2段階で設定でき、無駄な昇降動作を省いて生産効率を高めます。

(6) 装置のスリム化
構造の見直しにより装置のスリム化を図り、針間の狭いTFGNシリーズの50、56頭機にも装着可能となりました。
 

ホームへ先頭へ前へ戻る