製品詳細

完成品への刺繍が評判のTMARシリーズ。使い易さ・刺しゅう品質・生産効率を追及したタジマグループの自信作です。




厚い生地を確実に押えるデジタルコントロール布押えDCPを搭載

DCP によって刺繍時の生地の「ばたつき」を軽減しました。特に厚い生地や薄い生地、縫製された生地の折り目などを刺繍する場合に有効です。

生地の「ばたつき」とは?
刺繍時に生地が持ち上げられる事で「ばたつき」が発生し、目飛び、糸切りミス、刺繍の乱れの原因となります。

DCP は布押えを生地の厚みに合わせて最適な高さに設定する事も可能です。技術者によって行われていた作業が簡単に設定出来るようになりました。

※DCPはDigitally Controlled Presser foot の略称です。




FS モード搭載

刺繍の困難な撚りの少ない甘撚り糸や太糸に対し、刺繍の安定性や品質を向上させるための機能です。FSモード専用部品を組み合わせる事で更に効果が得られます。 FSモード選択時は回転数が制限されますが、TMCRでは針毎にFSモードのON/OFFが選択できるため生産効率の低下を最小限に抑えます。

ダイレクトコマンドスイッチ

調整台に各種操作スイッチとマルチカラーLEDを搭載しました。操作パネルの主な機能を刺繍頭の前で操作可能とした事で、作業性が向上しました。頻繁に使用する機能はカスタムスイッチに登録する事も可能です。

左側

右側

スリムシリンダーベッド、強化ワイド帽子枠

スリムシリンダーベッド

シリンダーベッドが小径化され、袖やポケットのような筒状の完成品への対応が広がりました。
帽子枠の支持構造を強化し、最高回転数が1,000回転/分まで大幅にあがりました。

その他

スナップフィットタイプ中糸道
①糸通しが簡単 ②調整が簡単 ③交換が簡単

タッチオペレーションディスプレイ

機種針数頭数
針間
1頭当たりの刺繍範囲
(縦×横)
横幅A
奥行B
高さC
K0902C92500450×5002,2601,3551,730
K1202C122500450×5002,2601,3551,730
K1502C152500450×5002,2601,3551,730
K0904C94360450×3602,5601,3551,730
K1204C124360450×3602,5601,3551,730
K1504C154360450×3602,5601,3551,730
K0904C94500450×5003,2601,3551,740
K1204C124500450×5003,2601,3551,740
K1504C154500450×5003,2601,3551,740
K0906C96360450×3603,2801,3551,740
K1206C126360450×3603,2801,3551,740
K1506C156360450×3603,2801,3551,740
K0906C96500450×5004,2601,3551,740
K1206C126500450×5004,2601,3551,740
K1506C156500450×5004,2601,3551,740
K0908C98360450×3604,0001,3551,740
K1208C128360450×3604,0001,3551,740
K1508C158360450×3604,0001,3551,740
K0908C98500450×5005,2601,3551,740
K1208C128500450×5005,2601,3551,740
K1508C158500450×5005,2601,3551,740

メーカーオプション

シークイン装置Ⅲ(ツインタイプ)
シークイン装置Ⅲ(ツインタイプ)

高速回転で2種類のシークインを任意に切換えて刺繍する装置

シークイン装置Ⅳ

小径から大径、異形や偏芯シークインを刺繍する装置

シードビーズ装置
シードビーズ装置

ビーズの複雑な縫い付けを自動化。速い縫い付けスピードと均一性で圧倒的な生産性を実現

LED照明

針元を明るく照らし作業性向上

ポジションマーカー

レーザーを上から十字型に照射することで、柄の水平・垂直方向の位置合わせを正確に行うことが可能

ビームセンサー

オペレーターの安全性を考慮し刺繍ヘッドに近づくと縫いの作業が停止する安全装置

オプション枠

原反枠

対象物:ワッペンや置縫い等の通常刺繍

帽子枠

対象物:帽子

ポケット枠

対象物:Tシャツの袖、ポケット、帽子