さらなる縫いの安定性と縫い上がりの向上

針の貫通力に直結する主軸モータとして、エネルギー効率にすぐれたACサーボモータを採用すると共に、刺繍枠駆動モータの出力を向上させました。

FS モード搭載

刺繍の困難な撚りの少ない甘撚り糸や太糸に対し、刺繍の安定性や品質を向上させるための機能です。FSモード専用部品を組み合わせる事で更に効果が得られます。 FSモード選択時は回転数が制限されますが、TMCPでは針毎にFSモードのON/OFFが選択できるため生産効率の低下を最小限に抑えます。

ダイレクトコマンドスイッチ

調整台に各種操作スイッチとマルチカラーLEDを搭載しました。操作パネルの主な機能を刺繍頭の前で操作可能とした事で、作業性が向上しました。頻繁に使用する機能はカスタムスイッチに登録する事も可能です。

左側

右側

新型シークイン装置ツインタイプ“ESQ-C” に対応

シークイン装置の複雑な機構を全面的に見直し、縫い付け精度の向上や、調整時間の大幅な短縮を実現しました。
従来よりもシークインの素材の変更が容易になります。また、オプションでビーズ装置も選択可能です。

シークイン装着時

ビーズ装着時
機種針数頭数
針間
1頭当たりの刺繍範囲
(縦×横)
横幅A
奥行B
高さC
V0620FD620200D(W)550×200(400)5,3651,6101,635(W)
V0912FS912345S680×3455,4551,8201,635(W)
V0918FS918400S800×4008,5652,0801,635(W)
V0920FS920330S680×3307,9151,8201,635(W)
V1204FS124400S680×4002,8651,8201,535(W)
V1212FS1212345S680×3455,4551,8201,635(W)
V1215FS1215400S680×4007,3551,8201,635(W)

メーカーオプション

シードビーズ装置

ビーズの複雑な縫い付けを自動化。速い縫い付けスピードと均一性で圧倒的な生産性を実現

シークイン装置Ⅳ

小径から大径、異形や偏芯シークインを刺繍する装置

スマートボビンチェンジャー

刺繍機稼働中に前もって交換用下糸ボビンをセット。下糸ボビン交換による機械のダウンタイムを大幅に削減

自動給油装置

給油は自動的に行われるので、生産効率の向上や省力化にも貢献

ボビンチェンジャーⅡ

刺繍機稼働中に前もって交換用下糸ボビンをセット。下糸ボビン交換による機械のダウンタイムを大幅に削減

Read More

オートフレームチェンジャー

新機構を用いた生地クランプ装置により、薄物生地でも、確実に固定することが可能

オプション

ボーリング装置2

特殊なカッターで生地に穴空けが可能。穴の大きさは任意で設定でき、形状はパンチングで自由に作成

高速コード装置(KB-2M)
高速コード装置(KB-2M)

2種類のアタッチメントを交換することにより、ループ、コード付けが可能

レーザーラインマーカー
レーザークロスマーカー

レーザーを上から十字型に照射することで、柄の水平・垂直方向の位置合わせを正確に行うことが可能

ESQ-C
(新型シークインツインタイプ)

シークインの縫い付け精度の向上や、調整時間の大幅な短縮を実現

製品カタログPDFダウンロード