製品詳細

洗練された機能と拡張性を備えた、至高のフラッグシップモデル




厚い生地を確実に押えるデジタルコントロール布押えDCPを搭載

DCP によって刺繍時の生地の「ばたつき」を軽減しました。特に厚い生地や薄い生地、縫製された生地の折り目などを刺繍する場合に有効です。

生地の「ばたつき」とは?
刺繍時に生地が持ち上げられる事で「ばたつき」が発生し、目飛び、糸切りミス、刺繍の乱れの原因となります。

DCP は布押えを生地の厚みに合わせて最適な高さに設定する事も可能です。技術者によって行われていた作業が簡単に設定出来るようになりました。※DCPはDigitally Controlled Presser foot の略称です。




自動で最適な糸締まりを得られる i-TM

調整時間の削減


糸締まり調整に時間がかかる

糸締まり調整(不要)簡単

オペレーターによる仕上がりのばらつき


オペレーターのスキルにより
仕上がりにばらつきがある

スキルによる品質不良がなくなる
新人オペレータも活躍

FS モード搭載

刺繍の困難な撚りの少ない甘撚り糸や太糸に対し、刺繍の安定性や品質を向上させるための機能です。FSモード専用部品を組み合わせる事で更に効果が得られます。 FSモード選択時は回転数が制限されますが、TMCRでは針毎にFSモードのON/OFFが選択できるため生産効率の低下を最小限に抑えます。

ダイレクトコマンドスイッチ

調整台に各種操作スイッチとマルチカラーLEDを搭載しました。操作パネルの主な機能を刺繍頭の前で操作可能とした事で、作業性が向上しました。頻繁に使用する機能はカスタムスイッチに登録する事も可能です。

左側
左側

右側
右側

新型シークイン装置ツインタイプ“ESQ-C” に対応

シークイン装置の複雑な機構を全面的に見直し、縫い付け精度の向上や、調整時間の大幅な短縮を実現しました。
従来よりもシークインの素材の変更が容易になります。また、オプションでビーズ装置も選択可能です。

シークイン装着時
シークイン装着時
ビーズ装着時の画像
ビーズ装着時

機種針数頭数針間1頭当たりの刺繍範囲(タテ×ヨコ)横幅A奥行B高さC
V0620FD620200D550×200(400)5,3651,6101,635(W)
V0620FS620300S550×3007,2651,6101,635(W)
V0918FS918400S800×4008,5652,0801,635(W)
V0918FD918400D1,200×400(800)9,0552,8801,735(W)
V0920FS920330S680×3307,9151,8201,635(W)
V0930FDE930240DE1,500×240(480)8,9053,4801,635(W)
V1212FS1212345S680×3455,4551,8201,635(W)
V1215FS1215400S680×4007,3651,8201,635(W)

メーカーオプション

シードビーズ装置
シードビーズ装置

ビーズの複雑な縫い付けを自動化。速い縫い付けスピードと均一性で圧倒的な生産性を実現

i-TM
i-TM

刺繍データを元に、必要な上糸の供給量を一針毎に自動調整。上糸に掛かる摩擦抵抗などの負荷を必要最低限に抑える

スマートボビンチェンジャー

刺繍機稼働中に前もって交換用下糸ボビンをセット。下糸ボビン交換による機械のダウンタイムを大幅に削減

シークイン装置Ⅳ
シークイン装置Ⅳ

小径から大径、異形や偏芯シークインを刺繍する装置

ビームセンサー
ビームセンサー

オペレーターの安全性を考慮し刺繍ヘッドに近づくと縫いの作業が停止する安全装置

ポジジョンマーカー
ポジジョンマーカー

スタート位置を合わせる際、生地で隠れた針穴の位置をLEDライトで点灯表示することで、常に針の位置を確認する事が可能

オプション

マルチコード装置2
マルチコード装置2

最大6色のコード素材を縫い付ける装置。刺繍と組み合わせる事で多彩な表現が可能

ボーリング装置2
ボーリング装置2

特殊なカッターで生地に穴空けが可能。穴の大きさは任意で設定でき、形状はパンチングで自由に作成

ESQ-C(新型シークインツインタイプ)
ESQ-C
(新型シークインツインタイプ)

シークインの縫い付け精度の向上や、調整時間の大幅な短縮を実現

レーザーラインマーカー
レーザークロスマーカー

レーザーを上から十字型に照射することで、柄の水平・垂直方向の位置合わせを正確に行うことが可能

カット装置

マルチコードを色換えのタイミングで自動的にカットする装置