刺繍の仕上がりを自動化した「i-TM」を搭載

完成品に対応するシリンダータイプ多頭機に、業界初のi-TM(自動上糸調整機能)を搭載
ステッチの種類・生地の厚みを自動分析。最適な縫いを供給して、常にベストな刺繍の仕上がりを得られます。


タジマ独自のAI技術「i-TM」

調整時間の削減

テンション調整に時間がかかる

生産効率アップ

オペレーターによる仕上がりのばらつき


オペレーターの技量による不良品発生

誰でもプロの仕上がりを再現

厚い生地や革も美しく

布押えをデジタル的にコントロールする機能「DCP」により刺繍素材の「ばたつき」を抑え、刺繍を精密に美しく仕上げます。
特にばたつきが発生しやすい縫製部分・革・厚物・伸縮素材などに大きな効果を発揮します。


生地の「ばたつき」とは?
刺繍時に生地が持ち上げられる事で「ばたつき」が発生し、目飛び、糸切りミス、刺繍の乱れの原因となります。

DCP は布押えを生地の厚みに合わせて最適な高さに設定する事も可能です。技術者によって行われていた作業が簡単に設定出来るようになりました。

※DCPはDigitally Controlled Presser foot の略称です。




ダイレクトコマンドスイッチ

調整台に各種操作スイッチとマルチカラーLEDを搭載しました。操作パネルの主な機能を刺繍頭の前で操作可能とした事で、作業性が向上しました。頻繁に使用する機能はカスタムスイッチに登録する事も可能です。

左側

右側

基本性能の強化

袋物用アーム強化
新設計のアーム仕様により、強度が3倍に。ジャケットなどの重量物の保持に効果を発揮します。

上糸ロックの強化
稼働していない休止頭の糸をしっかり押さえ休止中ヘッドの糸抜けを防止。
縫い出しミスを軽減します。

主軸モータ強化
主軸のトルクが上がり貫通力が強化されました。革などの厚い素材にも安定した刺繍が施せます。

高い生産性を追求する帽子刺繍

剛性を強化した帽子枠支持構造により刺繍の安定性が向上し最高回転数最大1000回転/分まで大幅に上がりました。

その他

新自動糸切り装置
ピッカーを廃止し、ボビン交換時の作業性が向上。また、糸切りの機構を全面的に見直し、様々な条件下で糸切りが安定しました。

12.1インチ TFTタッチモニター
大画面モニター搭載により、直感的に操作できます。

機種針数頭数
針間
1頭当たりの刺繍範囲
(縦×横)
横幅A
奥行B
高さC
K0902C92500450×5002,2601,3551,730
K1202C122500450×5002,2601,3551,730
K1502C152500450×5002,2601,3551,730
K0904C94360450×3602,5601,3551,730
K1204C124360450×3602,5601,3551,730
K1504C154360450×3602,5601,3551,730
K0904C94500450×5003,2601,3551,740
K1204C124500450×5003,2601,3551,740
K1504C154500450×5003,2601,3551,740
K0906C96360450×3603,2801,3551,740
K1206C126360450×3603,2801,3551,740
K1506C156360450×3603,2801,3551,740
K0906C96500450×5004,2601,3551,740
K1206C126500450×5004,2601,3551,740
K1506C156500450×5004,2601,3551,740
K0908C98360450×3604,0001,3551,740
K1208C128360450×3604,0001,3551,740
K1508C158360450×3604,0001,3551,740
K0908C98500450×5005,2601,3551,740
K1208C128500450×5005,2601,3551,740
K1508C158500450×5005,2601,3551,740

メーカーオプション

ESQ-C(新型シークインツインタイプ)
ESQ-C(21年春予定)
(新型シークインツインタイプ)

シークインの縫い付け精度の向上や、調整時間の大幅な短縮を実現

シードビーズ装置
シードビーズ装置(21年予定)

ビーズの複雑な縫い付けを自動化。速い縫いスピードと均一性で圧倒的な生産性を実現

マルチコード装置2(21年予定)

最大6色のコード素材を縫い付ける装置。刺繍と組み合わせる事で多彩な表現が可能

LED照明

針元を明るく照らし作業性向上

ポジションマーカー

レーザーを上から十字型に照射することで、柄の水平・垂直方向の位置合わせを正確に行うことが可能

ビームセンサー

オペレーターの安全性を考慮し刺繍ヘッドに近づくと縫いの作業が停止する安全装置

オプション枠

原反枠
原反枠

対象物:ワッペンや置縫い等の通常刺繍

帽子枠

対象物:帽子

ポケット枠

対象物:Tシャツの袖、ポケット、帽子